Blog
最新の情報やお知らせ

日々の出来事や、本日のオススメメニュー、ワインリストをご覧ください。

ラングドックの中心モンペリエから西へ20km、ニームとベジエの間にある人口約700人のサン・ボジル・ド・ラ・シルビー村。 南仏の輝く太陽のもとで家族経営を行うマス・ド・ジャニーニは、1980年代の終わりにパスカル(写真左)が父親からブドウ畑を引き継ぎ、ワイン造りに加わりビオロジック 栽培を始めました。 ガリグが生い茂る畑は粘土石灰質土壌で、除草剤・化学肥料は使用せず、ブドウの木の畝(うね)を耕し(雑草を除く意味と、表面の根を切って真ん中の太い根が さらに深く張るようにするため)、堆肥を使用しています。テロワールの味を最大に引きだすようブドウの根が地中深く張るような栽培を心がけています。ジュリアン兄弟は 「私たちのドメーヌでは、ブドウの樹が自分自身にバランスの良いように実をつけるため収量は問題にならない」と言い、房の数を減らすため手を加えることはありません。 白ワインは混植された3品種を真夏の高温を避けナイトハーベストを行い混醸、ステンレスタンクでの低温発酵によりアロマティックなワインに仕上げます。赤ワインは品 種毎に手摘み収穫後ステンレスタンクで発酵を行います。カリニャンは、フルー
ティーさとやさしいタンニンを求めてマロラティック発酵を行うなど品種毎の特性を 生かした醸造を行います。 樹齢50年以上のカリニャンから誕生する赤は2006が初リリースで、第20回シグ ナチュール・ビオ・ラングドックルーション地方コンクールで銀賞を受賞したほか、07 は第22回ヴァレ・ド・レローコンクールで金賞を受賞するなど現地での評価はか なりのもの。小規模生産者であるためワイン造りに要する手間と時間もかなりの ものですが、コツコツと足並み揃え兄弟で日々奮闘中です。 それにしても目を引く衝撃的なエチケットですが音楽好きの二人がギター片手 にブドウを踏む姿が描かれコミカル&ド派手に仕上がっています。ラベルとは裏腹 にナチュラルな味わいとその背後に隠れたとてつもない力量を是非音楽と共にご 堪能ください。

試飲会で直接お話しを聞いてきました😆情熱的な彼のワインを是非是非一度飲みにいらしてください

 

 

今年もこの季節がやって参りました!
当店のコンセプトにぴったりの自然派テーブルワイン「ルイ・ジュリアン」

年を追うごとに入荷本数が少なくなっていく気がしますが、毎年この季節を楽しみにしてくれているお客さんも多数いらっしゃいます。ワインという飲み物が決して気取ったものでも高価なだけのものでもなく、あくまで食生活に根付いたものだと気づかせてくれるこの存在感は圧巻。有機栽培で作られた葡萄を保存料もほとんど加えずに作ったこのワインは身体にすーっと染み渡る本当に自然な美味しさ。

リサイクル瓶につめられた1リットルの容量と再生紙のラベル、まさかのプラスチックキャップ(笑)もうガブ飲みするしかありませんっ。

少しでも多くのお客さんに飲んでもらいたく、白、ロゼ、赤ともにボトルでのご用意はもちろんグラス、カラフェでもご提供しております。早い者勝ちなのでこの機会に是非ご賞味くださいませ。IMG_2028 のコピー